カルチョワールド フォア ユヴェントス

ユヴェントスを中心に見たカルチョの世界

UEFA EURO 2012UEFA EURO 2012

新生イタリア

開幕戦でMFデロッシがセンターバックの中央を務めたり、2戦目ではWBバルザレッティの激しい上下動からのクロス。 中盤の選手一人ひとりがゲームメイカーとして動けて、他の中盤の選手の意図的なパスに対して連動しているのが見て取れ、 新生イタリアと呼ぶにふさわしかった。

 

特に印象的なゴールはバロテッリのロングシュート。上手いではなく力強いそのシュートは練習すればできるようなシュートでは無かった。 それほど鋭くて力強かった。 翌日のJ2で監督にバロテッリのようなゴールを決めてこいと言われたFW都倉選手がロングシュートを決め、バロテッリと同じようにユニホームを脱いでイエローカードを貰ったのは有名な話。

 

順当に決勝に勝ち上がったイタリアは初戦の相手スペインとの対戦。尻上がりに調子を上げていったスペインに完敗した。 それでも、南アフリカワールドカップの屈辱的なグループリーグ敗退からのこの成績とバロテッリの活躍は安堵と希望に満ちていた。

 

基本フォーメーション

2012年イタリア代表 フォーメーション

中盤豪華な新生アズーリ

2010年の流れでパスサッカーへ転身しようとしたアズーリ。ピルロとモントリーヴォを中心とした丁寧なパス回しが見られた。 そして、試合後半にモントリーヴォとモッタを交代させることによって攻守ともにアクセントになった。 また、攻撃的にいっているアズーリたが時折、見張るような守備が見られ守備の国の一端が垣間見れた。

あと初戦や試合途中からこのフォーメーションとは違い、デ・ロッシをリベロに置いた3バックに変更するシステムを採用しており大いに驚かせた。

 

監督・選手

監督:クラウディオ・プランデッリ
GK
1
ジャンルイジ・ブッフォン
6
0
12
サルバドーレ・シリグ
0
0
14
モルガン・デ・サンクティス
0
0
背番号/名前/リーグ出場数/ゴール数
DF
2
クリスティアン・マッジョ
3
0
3
ジョルジオ・キエッリーニ
5
0
4
アンジェロ・オグボンナ
0
0
6
4
0
7
イニャツィオ・アバーテ
3
0
15
4
0
19
レオナルド・ボヌッチ
4
0
背番号/名前/リーグ出場数/ゴール数
MF
5
チアゴ・モッタ
5
0
8
クラウディオ・マルキジオ
5
0
13
エマヌエレ・ジャッケリーニ
2
0
16
ダニエレ・デ・ロッシ
6
0
18
リカルド・モントリーヴォ
4
0
20
セバスティアン・ジョビンコ
2
0
21
アンドレア・ピルロ
6
1
22
アレッサンドロ・ディアマンティ
3
0
23
アントニオ・ノチェリーノ
2
0
背番号/名前/リーグ出場数/ゴール数
FW
9
マリオ・バロテッリ
5
3
10
アントニオ・カッサーノ
6
1
11
アントニオ・ディ・ナターレ
5
1
17
ファビオ・ボリーニ
0
0
背番号/名前/リーグ出場数/ゴール数

試合結果

大会成績:準優勝

 

グループリーグ(C)

2006.06.10
スペイン
1-1
イタリア
 
 
 
 
'61
ディ・ナターレ
セスク
'61
 

 

2006.06.14
イタリア
1-1
クロアチア
 
 
 
ピルロ
'39
 
 
'72
マンジュキッチ

 

2006.06.18
イタリア
2-0
アイルランド
 
 
 
カッサーノ
'35
 
バロテッリ
'90
 

 

トーナメント1回戦

2006.06.27
イングランド
0-0
イタリア
 
 
 
 
 
 
ジェラード
ルーニー
×ヤング
×AS.コール
PK戦
(2-4)
バロテッリ
×モントリーヴォ
ピルロ
ノチェリーノ
ディアマンティ

 

準決勝

2006.06.27
ドイツ
1-2
イタリア
 
 
 
 
'20
バロテッリ
 
'36
バロテッリ
エジル
'90+2
 

 

決勝

2006.07.01
スペイン
4-0
イタリア
 
 
 
シルバ
'14
 
アルバ
'41
 
トーレス
'84
 
マタ
'88
 

 

 

イタリア代表

ワールドカップ

コンフェデレーションズカップ

UEFA EURO

UEFA EURO 2020  |   UEFA EURO 2016  |   UEFA EURO 2012  |   UEFA EURO 2008  |   UEFA EURO 2004  |   UEFA EURO 2000  |   UEFA EURO '96  |  
×